ニュース

  1. HOME > 
  2. ニュース一覧 > 
  3. プレスリリース > 
  4. 「イノベーション創出支援ファンド」締切 ~ものづくり産業を支える企業へのハンズイン投資を展開~
2007.10.01 プレスリリース

「イノベーション創出支援ファンド」締切 ~ものづくり産業を支える企業へのハンズイン投資を展開~

 

株式会社インスパイア(代表取締役:成毛眞)の子会社である株式会社インスパイア・インベストメント(本社:東京都港区 代表取締役:芦田邦弘)が設立した「イノベーション創出支援ファンド(インスパイア・テクノロジー・イノベーション・ファンド投資事業有限責任組合)」は、2007年9月30日、有限責任組合員の受け入れを締め切りました。本ファンドの最終規模は26億4千万円となりました。

本ファンドは、日本のものづくり産業を支える企業を中心に、基礎的な研究を終えて事業の拡大を目指すベンチャー企業や、第二創業や事業継承期にある中堅・中小企業を主な投資対象として、投資活動を行ってまいります。 
既に本ファンドでは、リチウムイオン電池の研究開発・製造販売を手がけるエナックス株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役:小沢和典)への投資を実行し、取締役を1名派遣のうえ、国内外の営業拡販ルートの開拓や株式会社村田製作所とのアライアンスによる製造体制強化などの支援を行っております。また、動脈硬化の初期段階である血管内皮機能障害を非侵襲で簡易に計測できる動脈血管内皮機能計測装置の研究開発・製造販売を手がける株式会社ユネクス(本社:名古屋市昭和区 代表取締役:貴田昭一)が実施する、第三者割当増資の新株一部引き受けが決まっております。

本ファンドは、①投資先企業の価値創造支援を直接的に担当する投資担当者、②技術的側面からの助言や知財化支援などを担当する技術担当者、③本ファンドの出資企業各社やインスパイア・グループ各社との密接な連携を担うモニタリング担当者の3名体制で、投資先企業に関与して経営指導や業務提携の仲介を行い、その上で営業・販売や資材調達の代行なども直接的に踏み込んで支援することで、収益基盤の確立、企業価値の向上や技術開発の実用化を確実にするなど、ハンズイン支援を行ってまいります。

なお、本ファンドのイグジットにつきましては、株式公開による株式市場での売却のみならず、本ファンドの出資企業各社やインスパイアのインダストリアル・パートナーとなっている国内外の事業会社とのアラインスを通じての資本提携ないしはM&Aの実現も想定しており、そのためのアレンジメントにつきましても、インスパイア・グループによる全面的なサポート体制を整えていることが特徴となっております。

【ファンド概要】
・組合名: インスパイア・テクノロジー・イノベーション・ファンド投資事業有限責任組合(イノベーション創出支援ファンド)
・無限責任組合員: 株式会社インスパイア・インベストメント
・組合期間: 2006年10月~2016年9月(投資期間は、当初5年間)
・ファンド規模: 26億4千万円

【組合員】
・あいおい損害保険株式会社
・藍澤證券株式会社
・株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
・キヤノンマーケティングジャパン株式会社
・株式会社新生銀行
・住友商事株式会社
・独立行政法人中小企業基盤整備機構(「がんばれ!中小企業ファンド」より)
・帝人株式会社
・東京リース株式会社
・芙蓉総合リース株式会社
・りそなキャピタル株式会社
(50音順)

【投資先企業】
・エナックス株式会社
・株式会社ユネクス(※投資決定済み。)

【本件問い合わせ先】
株式会社インスパイア・インベストメント
清水俊樹
Tel 03-5549-4366
Fax03-5549-4306

PAGE TOP