ニュース

  1. HOME > 
  2. ニュース一覧 > 
  3. ニュース > 
  4. PNB-INSPiRE Ethical Fund 1投資事業有限責任組合より株式会社七洋製作所への出資について
2017.04.10 ニュース

PNB-INSPiRE Ethical Fund 1投資事業有限責任組合より株式会社七洋製作所への出資について

PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合(以下PIEF)は株式会社七洋製作所(代表取締役社長:内山 素行、本社:福岡県糟屋郡宇美町、以下「七洋製作所」)が第三者割当増資により発行する株式の引受を行いました。

 

七洋製作所は、1973年に福岡県で創業したメーカで、日本国内の業務用オーブンのトップメーカの一社です。製菓業界では「NANBAN」、「BACKEN」のブランド名は広く知られており、これらのオーブンは多くの著名なパティシエに愛用されています。

 

国内の製菓業界は近年人材不足に悩まされており、当初は七洋製作所がオーブンのテストサンプルとして提供をしていた冷凍生地は、今や多くの「街のケーキ屋さんやお菓子屋さん」を支える貴重な存在になってきております。機械に関するハード面のノウハウに加え、実際の菓子製造に関するソフト面のノウハウ・経験を有する稀有なメーカとして、2000年以降は、冷凍生地の製造・販売を積極的に推し進めている点も七洋製作所の大きな特徴です。

 

日本国内における評判は海を渡り、ここ数年はアジアを中心とした新興国でのオーブン及び生地の販売が成長していることから、2017年4月、七洋製作所はインドネシアのコーヒー流通の60%以上を握るPT Kapal Api Globalと合弁会社PT SHICHIYO Mergonoto Makmur(以下「インドネシア合弁会社」)を設立しました。

 

ASEANにおいては、物流・人材育成・品質管理・原材料の制約などが存在するが故に冷凍生地の有用性が高くなるため、七洋製作所のオーブンと冷凍生地をあわせたビジネスモデルは既存のスイーツ産業を変革する可能性を大いに秘めていると考えております。

 

今後の成長市場としてASEANを位置付けている七洋製作所のビジョンと、PIEFが設立当初から志向しておりました「日本の有力企業のASEAN/イスラム市場展開支援」のコンセプトが合致したことから、PIEFは資金提供だけでなく、七洋製作所及びインドネシア合弁会社の双方に取締役を派遣し、インドネシアのみならずASEAN全体での事業開発も含めた総合的な支援を行って参ります。

 

【会社概要】

会社名:株式会社七洋製作所

本社  :福岡県糟屋郡宇美町若草2-13-5

代表者:代表取締役社長:内山 素行

設立  :1973年12月25日

資本金:約100百万円

URL  :http://www.shichiyo.jp/

 

【本件問い合わせ先】

株式会社インスパイアPNBパートナーズ

清水 俊樹

(TEL:03-6892-1133)

PAGE TOP