ニュース

  1. HOME > 
  2. ニュース > 
  3. お知らせ > 
  4. ポケットマルシェ、ソーラーシェアリング・電力小売事業に参入
2021.11.17 お知らせ

ポケットマルシェ、ソーラーシェアリング・電力小売事業に参入

PIEFの出資先である株式会社ポケットマルシェは、株式会社UPDATERと連携し、ソーラーシェアリング事業および電力小売事業に参画します。電力小売事業では、UPDATERが手がける再生可能エネルギー事業「みんな電力」の取次として2022年2月に電気の販売を開始予定です。食の領域で進めてきた「都市と地方をつなぐ取り組み」を、電力の領域へ拡大します。

これまでポケットマルシェは、生産地である地方と消費地である都市を、食を通じてつないできました。現在では、国内最大の6,000名を超える生産者が、40万名を超える消費者に対し、自身が作った食べものを販売しています。

多くの生産者が、はじめて消費者に直接販売をすることで、自分が大切に育てた作物が実際に調理され、食卓に並ぶところを見ることができるようになりました。また、多くの消費者が、はじめて自分の食べものを作ってくれた生産者に「ごちそうさま」の言葉を伝えることができるようになりました。地方と都市、それぞれ物理的には遠く離れた場所で暮らす両者が、食を通じてつながる新しい回路を提供したのです。

食と同時に、電気も私たちの生活に欠かすことができないものです。そしてこの電気も、多くは地方で作られ、多くは都市で消費されています。

ポケットマルシェは、電気についても、作っている人がわかる、使っている人がわかる社会を作りたいという想いから、この度電力事業に参入することにしました。食に続き、電気でも、地方と都市をつなぐ新しい関係性を構築します。

詳細は以下をご覧ください。
ポケットマルシェプレスリリース
事業概要

PAGE TOP