ニュース

  1. HOME > 
  2. ニュース > 
  3. お知らせ > 
  4. ABEJA、ALBERTと業務提携のお知らせ
2019.08.27 お知らせ

ABEJA、ALBERTと業務提携のお知らせ

インスパイアならびにPIEF投資先の株式会社ABEJAは、株式会社ALBERTと、AI・分析プロジェクトの協業とMLaaS(Machine Learning as a Service ※1)の機能拡充に向けた共同開発のため、業務提携契約を締結しました。
 
ALBERTは、150名を超えるデータサイエンティストを有し、AIのシステム実装を視野に入れた産業・企業の開発パートナーとして、「ビッグデータ分析」「AIアルゴリズム開発」「システム実装」等のソリューションを提供しています。また、産業間のAI・データシェアリングを促進すべく、ALBERTが触媒となる「CATALYST(触媒)戦略」を展開し、重点産業と位置付ける自動車、製造、通信・流通、金融業界において、社会実装の推進に着手しております。
 
ABEJAは、AIの開発・運用に必要不可欠な、様々な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習のプロセスを省力化するプラットフォーム「ABEJA Platform」(※2)をコアサービスとして提供することで、AIの民主化を推進してきました。あらゆる業界において一貫したAIの導入・活用支援を行い、これまで150社以上の本番運用実績があります。
 
この度、両社で協議・検討を重ね、日本国内におけるAIの社会実装を促進させるべく、業務提携を行うことに合意しました。様々なAI・データ分析プロジェクトの経験が豊富なデータサイエンティスト集団であるALBERTと、AI開発・運用を省力化するプロダクトを提供しAIの民主化を推進するABEJAが両社の強みを組み合わせ、AI・ビッグデータ活用に伴う専門人材の不足や導入のコスト・環境整備、運用など企業が抱える課題に対して効果的なソリューションを提供します。
 
詳細は以下をご覧ください。
ABEJAプレスリリース
株式会社ALBERT
 
※1 MLaaS (Machine Learning as a Service)
ABEJA Platform上で提供する、素早く、簡単にAIモデルを検証したり、自社サービスに組み込むことのできるツール群を総称してMLaaSと呼びます。MLaaSの1つとして、ノンプログラミングでAI開発の初期仮説を簡単に検証できる「ABEJA Platform Accelerator(α版)」を提供してきました。
ABEJA Platform Acceleratorサービスサイト
 
※2 ABEJA Platform
データの取得、蓄積、アノテーション(教師データ作成)、学習、デプロイ、推論、再学習といった事業のAI化に欠かせない工程を一貫して進めることができる自社開発のプラットフォーム。2012年から培ってきたAI実装の実績・ノウハウを活かし、AIを最速・最短でビジネスに実装できる環境をプロダクトとして、提供しています。
ABEJA Platformサービスサイト

PAGE TOP