ニュース

  1. HOME > 
  2. ニュース > 
  3. お知らせ > 
  4. ABEJA、領域抽出・動画・テキストのアノテーション機能を提供開始
2018.09.13 お知らせ

ABEJA、領域抽出・動画・テキストのアノテーション機能を提供開始

インスパイアならびにPIEF投資先の株式会社ABEJAは、「ABEJA Platform」の機能のひとつとしてアノテーションの工程を自動化したツールを提供しておりますが、今般、このツールに、あらたに3つの機能を追加し、2018年9月13日より提供を開始しました。
 
一般に、ディープラーニングを活用するためには5つの運用サイクル、①取得、②蓄積、③学習、④デプロイ、⑤運用(推論・再学習)が必要ですが、アノテーションは、このうち、③学習の工程において、取得した大量のデータを識別および分類し、教師データ(正解データ)を作成する機能です。
精度の高い学習済みモデルを生成するうえでは非常に重要な工程であり、アノテーションの差がAIの質を決めると言っても過言ではありません。
 
然しながら、コンピューターによる自動化が難しい領域とされており、人手による大量なデータの識別および分類が必要であるため、アノテーションを行う多数の人材を確保する必要があります。
今回「アノテーションツール」に追加した機能は、これまで提供していた一般的な画像のデータ識別や分類に加え、画像のピクセル単位で領域認識を行う領域抽出、映像データの特定シーンに対してラベル付けを行う動画アノテーション、テキスト情報に対してラベル付けを行うテキストアノテーション、の3つの機能です。
 
領域抽出機能では、自動運転における道路範囲の検出や製造業での異常部分のピクセル単位での検出などが可能となります。また、動画アノテーションは、製造業などの工場や店舗で撮影したカメラ映像から連続したシーンの検出、テレビ・映画・オンデマンドストリーミング・SNSへの投稿動画などの放送業界・映像メディアから特定シーンの検出等が可能となります。なお、テキストアノテーションでは、ブログ本文やSNSの投稿などのテキスト情報の分類や不適切なコンテンツの摘出等が可能となる等、何れの機能も、ディープラーニングの活用による産業構造変革に寄与する技術です。
 
詳細は以下をご覧ください。
ABEJAプレスリリース

PAGE TOP