ニュース

  1. HOME > 
  2. ニュース > 
  3. ニュース > 
  4. おきでんCplusC
    「やさしいみまもり」商用化に向けたMIKAWAYA21株式会社との覚書締結のお知らせ
2024.03.07 ニュース

おきでんCplusC
「やさしいみまもり」商用化に向けたMIKAWAYA21株式会社との覚書締結のお知らせ

沖縄電力株式会社とジャパンインテグレーション株式会社および株式会社インスパイア・インベストメントによる共同事業を担う株式会社おきでんCplusC(代表取締役社長:仲程拓、以下、おきでんCplusC)は、MIKAWAYA21株式会社(代表取締役社長:青木慶哉、以下、MIKAWAYA21)と緊密に連携・協力して、「やさしいみまもり」の商用化を実現するべく、覚書の締結を致しましたので、お知らせします。

おきでんCplusCは、2021年5月の設立以来、沖縄県内の14市町村(県内在住高齢者70%以上をカバー)において、マイクやカメラ、ウェアラブルを使用せずに活動や睡眠を検知するプライバシーに配慮した大規模社会実証「やさしいみまもり」の成功をおさめて参りました。大規模社会実証での経験と知見を基に、沖縄県内での本格的な実用化や全国的な展開を進めて参ります。

MIKAWAYA21は、シニアの日頃のあらゆる「ちょっと困った」を解決に導く「まごころサポート」を展開しています。家事のお手伝いからプロのサービス提供、専門家の紹介まで、全国の地域密着ビジネスを行う220店の加盟店を拠点に2300名以上のスタッフ「コンシェルジュ」が各地域のシニアをサポートしています。※ 2024年3月4日現在

すでに両社は、2023年7月より沖縄県事業「離島・過疎地域づくりDX促進事業」を展開している国頭村、大宜味村、東村において連携し、MIKAWAYA21による「まごころサポート」のノウハウを活用した高齢者宅訪問・生活サポートを実施しています。本連携において「やさしいみまもり」が提供するデータを活用した効果的な高齢者への声かけや密なコミュニケーション、および自治体・関係機関(区長、地域包括支援センター、社会福祉協議会、民生委員など)との関係性の強化を通じ、地域の結(つながり)を深める取り組みを実現して参りました。

今後MIKAWAYA21が持つ全国フランチャイズネットワークも活用し、「やさしいみまもり」の商用化に向けて両社が密に協業・連携していくことを確認し、今回の覚書の締結に至りました。覚書の締結に併せて、MIKAWAYA21のフランチャイズオーナー企業(26社40人)がおきでんCplusCデモハウスの見学や、大宜味村役場、東村川田区長、利用者との懇談会を実施して、「やさしいみまもり」商用化実現に向けて、取り組みの理解を深めました。

本覚書により「やさしいみまもり」を沖縄から日本全国の自治体への展開を加速し、世界で最も高齢化が進む日本における自治体等の負担増加や家族の時間的・経済的負担の増加という社会課題を解決すると共に、高齢者がいつまでも元気で笑顔に満ちた暮らしづくりができる社会を実現することに貢献して参ります。

「やさしいみまもり」について

日本発 世界に先駆けるエイジング/ヘルスケアテック

 日本は世界で最も高齢化が進んでおり、高齢者みまもりに係る自治体等の負担増加や、高齢者のみまもりを行うご家族の時間的・経済的負担の増加が社会課題となっています。沖縄県内においても単身高齢者世帯が全国平均を上回るペースで増加しており、孤独死の対応など自治体や地域関係者の負担と離れて暮らすご家族の懸念が指摘されてきました。

こうした課題解決に向けて2021年度より、おきでんCplusCは内閣府・沖縄県補助事業の下、沖縄県内14市町村と協定を締結(県内在住高齢者70%以上をカバー)し、世界最先端WiFiセンシングを活用した「やさしいみまもり」を実現する大規模実証で成果をあげて参りました。

急速な高齢化に伴う自治体・地域関係者負担軽減に貢献

内閣府が発表した令和5年(2023年)版「高齢者白書」によれば、高齢者のいる世帯数は2,581万世帯と、全世帯(5,191万世帯)の49.7%を占めています。全世帯の約半数に高齢者が在住する日本において孤独死や高齢者みまもりに係る自治体・地域関係者の負担は増加しており、おきでんCplusCが実施した自治体アンケートにおいても、これまでの施策のみでは対応が困難な現状が浮かび上がってきています。

おきでんCplusCによる「やさしいみまもり」は、カメラやマイク、ウェアラブルを使わず、プライバシーに配慮した世界最先端WiFiセンシング機器を在住高齢者全世帯に提供すること、また「やさしいみまもり」によってシニアが必要とするサポートにより早く気付き「まごころサポート」を提供できるようになることで、自治体・地域関係者の負担軽減に貢献します。

高齢者の親と離れて暮らすご家族の安心につなげる

「高齢化白書」(同上)によれば、昭和55年(1980年)では世帯構造の中で最も割合が多く全世帯の半数を占めていた(50.1%)三世代世帯が、令和3年(2021年)には9.3%と激減。高齢者の親と離れて暮らすご家族が大半となっており、ご家族の懸念や不安が増大しています。

おきでんCplusCによる「やさしいみまもり」は、高齢者の活動や睡眠の状況をプライバシーに配慮しながら24時間365日「見える化」することで、離れて暮らしていても状況をタイムリーに把握することが可能になるため、高齢者ご本人とご家族双方の安心につながり、さらに結(つながり)を深めることに貢献します。ご家族が遠方にいるなどの状況では、地元の「まごころサポート」の加盟店が連携して必要な支援を展開することも想定しております。

おきでんCplusCについて(本社:沖縄県宜野湾市)

沖縄電力株式会社と株式会社インスパイア・インベストメント、ジャパンインテグレーション株式会社による合弁会社として2021年に設立。沖縄県14自治体(2024年3月現在)と協定を締結し、沖縄県在住高齢者70%以上をカバーする地域における「やさしいみまもり」大規模実証試験に成功。沖縄から日本全国に、ひととひととの結(つながり)を通じていつまでも元気で笑顔に満ちた暮らしづくりに貢献することで、お客さまに寄り添い、ココロのエネルギーをお届けすることを目指しています。

MIKAWAYA21について(本社:東京都荒川区)

https://www.inspirecorp.co.jp/inspire/wp-admin/edit.php?post_type=post MIKAWAYA21は、「シニアの毎日に豊かさを」「すべてのシニアに良き隣人を」をビジョンに掲げ、シニア向けワンストップソリューションである「まごころサポート」を展開しています。「まごころサポート」はシニアの暮らしをお手伝いするサポートサービスであり、シニアの皆さまからお困りごとをお聞きして、コンシェルジュと呼ばれる地域スタッフが直接伺い、シニアお一人おひとりにあったサポートを提供しています。

詳細は以下をご覧ください。

プレスリリース

◆お問合せ先連絡先 株式会社インスパイア 担当 黒川 (TEL:03-6418-1091)

PAGE TOP