会社概要

  1. HOME > 
  2. インスパイアについて > 
  3. 会社概要
 

概要

会社名
株式会社インスパイア (Inspire Corporation)
本店所在地
東京都港区南青山5-3-10 FROM-1st 3F (地図)
代表取締役社長
高槻 亮輔
設立
2000年4月26日
資本金
100百万円
会計監査人
新日本有限責任監査法人

アクセス

〒107-0062 東京都港区南青山5-3-10 FROM-1st 3F 東京メトロ・銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A5番出口 徒歩4分

沿革

2000年4月
株式会社インスパイア設立
2000年8月
「ジャパンストラテジックIT1号ファンド」設立
2001年8月
「インスパイア・アドバンスド・テクノロジー・ファンド」を設立
2001年4月
中央大学研究開発機構と「企業再生戦略モデル研究ユニット」発足
2003年7月
IT戦略本部の一員として『e-Japan戦略Ⅱ』策定に関与
2005年5月
出版業界変革のための研究会を株式会社インフォバーンと共同で発足
2006年11月
「インスパイア・テクノロジー・イノベーション・ファンド」を設立
2009年2月
民間企業45社による「ユビキタスネット社会推進協議会」への参加
2014年4月
「PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合」を設立

マネジメントチーム

代表取締役社長

高槻 亮輔

株式会社日本興業銀行、株式会社インターネット総合研究所を経て、2001年、に当社参画(2008年より現職)。イノベーションの具現化をテーマに、事業法人との資本・業務提携をベースにした新事業開発や革新的技術を有するベンチャー企業へのエクイティ投資等を実践。現在、日本初のイスラム法適格ベンチャーファンドを運営するインスパイアPNBパートナーズ 代表取締役、Deep Learningを世界で初めて小売業に応用している株式会社ABEJA 取締役を兼職。金沢工業大学KIT虎ノ門大学院 知的財産創造システム専攻 客員教授、立命館アジア太平洋大学 客員教授など学際領域での活動も行っている。

取締役

清水 俊樹

2007年、当社入社。ベンチャー企業への投資・支援という枠に留まらず、大企業の研究開発部門からの事業化プロセスの構築、企業の戦略的海外事業および海外パートナーとの合弁事業立ち上げなども手がけている。2014年から運用しているイスラム法適格ファンドの設立に参画し、2019年よりインスパイアPNBパートナーズ取締役を兼職。製菓用オーブンメーカである株式会社七洋製作所、株式会社グルメ杵屋の戦略的子会社であるGK Asia Sdn. Bhd、マレーシアのコンビニチェーンであるMynews Holding.Bhdとグルメ杵屋グループの合弁会社Mynews Kineya. Sdn. Bhd、食のC2Cプラットフォームの株式会社ポケットマルシェ、国内Bean to BarのパイオニアであるDari K株式会社などの取締役を兼職している。2016年より東京富士大学 客員教授として、異文化コミュニケーション論を担当している。

取締役ファウンダー

成毛 眞

株式会社アスキーを経て、マイクロソフト株式会社設立と同時に参画。代表取締役社長を9年間担った後に、ユニークかつ新たな事業を創出すべく、2000年に当社を創業し代表取締役社長に就任(2008年より現職)。現在、書評サイトHONZ代表、スルガ銀行株式会社 社外取締役や、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを兼職。『大人げない大人になれ!』(ダイヤモンド社)、『本は10冊同時に読め!』(三笠書房)、『メガ!巨大技術の現場へ、ゴー』(新潮社)、『情熱の仕事学』(日経BP社)など、著作・連載多数。

監査役

石黒 光

株式会社住友銀行、ソロモン・ブラザーズ、メリル・リンチほか内外の金融機関において主として金融法人および大企業向けの戦略アドバイザリー、資本調達等投資銀行業務に従事。ウェブ・カレンシー・サービス企業の日本法人立ち上げに携わった後、2001年にCOOとして当社に参画。その後、国立大学法人東京大学監事を4期8年務めた。現在、日本医療政策機構 理事、マスミューチュアル生命保険会社 監査役、イーストスプリング・インベストメンツ株式会社 監査役、Global Health Innovative Technology Fund 監事などを兼職。
PAGE TOP